Just another WordPress site

昇格試験と真剣に向き合うための情報サイトです。


【昇格試験の合格に必要な3つの要素】

私が主催している
昇格試験の勉強会で

始めにいくつか大切なことを
参加者にお伝えする中で
さらにコアとなる
大切なことがあります。

それが

合格に必要な3つの要素

「知る」「動く」「続ける」
(知識・行動・継続)なのです。

私は昇格試験に合格するには
この3つの要素が
必要不可欠だと考えています。

まれに
該当しないほど優秀な人もいますが

ほとんどの人は
合格するための勉強期間として
4ヶ月以上が必要です。

それも
ただがむしゃらに
勉強すればいいわけではなく

合格できる方法で
勉強しなくては結果は出ないのです。

会社員として働き始めてから
働きながら4ヶ月以上も
勉強経験がある人は
ほとんどいないと思います。

しかも
学校の試験ではないので
教えてくれる人もいないし

どのように勉強すればいいのかも
わからないから

勉強を始めたとしても続かない。

そして、続かないから合格できない。

合格できないとセルフイメージが下がり

来年も同じように合格できないといった
負のループにはまってしまいます。

ここから、どうにか抜け出すには
どうすればいいのでしょう。

そこから抜け出すには
この合格に必要な
3つの要素を実践するしかありません。

それぞれについて説明します。

まず

「知る(知識を得る)」
ということが必要です。

ずばり

合格するためには
どのような「考え方」をするのか
ということを知るのです。

その考え方とは

合格する人は
「合格する目的を明確にしている」
ということを、知ることであったり

「試験の全体像を知る」
ことであったり

「どのような勉強すればいいのか」
ということだったりします。

目的地までの地図がなければ
目的地にたどり着けないように

合格するための地図(知識)がなければ
合格(目的地)できないのです。

そして
次に「動く(行動・勉強する)」
ということが必要です。

これは当たり前のように聞こえますが
この動くことをしない人が
多いことに驚きます。

しかし、逆に考えると

動くことさえできれば
ぐっと合格に近づける

ということなのです。

目的地(合格)にたどり着くには
動かなければ(勉強しなければ)
今いる場所のままです。

何も変わりません。
当たり前ですよね。

そして、最後に必要な要素は

「続ける(継続する)」
というこうとです。

実は、これが一番難しい。

でも、一番重要なことでもあります。

目的地(合格)までの
道のりは長いのです(4ヶ月以上)。

一歩一歩足を出していく
ということができなければ
たどり着くことはできません。

これらのことから

合格するためには
「知る」「動く」「続ける」という

要素が必要なことを
お分かりいただけたと思います。

ぜひ、目的地にたどり着くために
このサイトで地図を手に入れ

まずは一歩目を踏み出し
歩みが止まらないようにしてください。






Pagetop