昇格試験と向き合う

Q&Aと質問先

Q:合格するにはいつから勉強始めればいいのですか?

A:人によって異なります。
  稀ですが、勉強せずに合格する人もいますし
  一方、1年かけて勉強しても合格できない人もいます。
  ただ、これまでの経験から
  4ヶ月以上前から準備して
  合格できるやり方で勉強すれば
  ほとんどの人が合格ライン以上の実力は身につけることができるようです。

Q:合格できる勉強とはどのようなやり方ですか?

A:このサイトの情報で概要をお伝えしていますので
  確認してみてください。
  私が主催している勉強会では約半年の期間で
  4回の勉強会を開催し、計:16時間ほど使って
  お伝えしている内容の概要をこのサイトで情報提供しています。
  まず、合格する目的が明確でないと勉強が継続できませんし
  勉強できたとしても、合格できる方法で勉強しないと
  合格できないわけです。
  合格するには、合格者から正しい情報を仕入れて
  合格者のやり方を取り入れ、自分に合った方法で
  勉強することが必要です。

Q:その勉強会に参加するにはどうすればいいですか?

A:すみません。
  現在の所、一般募集はしていないので参加することはできません。
  ただ、問い合わせや参加希望の声もいくつも届いていますので
  一般募集・一般公開についても検討している段階です。
  そのほかにも、現在は勉強会の資料をどなたでも使える形で
  提供しようとまとめています。
  これらの情報は
  このサイトやメルマガでお伝えしますので
  もしご希望の方は、サイトのチェックや
  メルマガ登録してみてください。

Q:小論文試験で苦戦しています。何か勉強のコツなどありますか?

A:確かに多くの人が小論文試験で苦戦しているようです。
  勉強のコツといいますか
  試験のコツはあります。
  それを勉強に応用すればいいのだと思います。
  小論文試験では時間が決まっています。
  あとはテーマも過去の傾向を分析すればある程度はつかめます。

  つまり、準備ができるわけです。

  時間的制約があるのであれば
  テーマに合わせて時間内に書けるように
  基本構成や自己紹介、締めのコメントなどを
  あらかじめ準備しておけば時間短縮ができます。
  ほかにも
  テーマから基本構成に落とし込むためのメモの練習をやっておけば
  どんなテーマ出題されても時間内に対応できるようになるのです。
  その出題されるテーマも
  生産性向上や環境変化への対応、今に甘んじることない改革など
  ある程度の傾向は過去数年の出題テーマを眺めると見えてくるでしょう。
  このように小論文試験には
  事前の準備が有効で効果的なのです。

  逆に言えば
  小論文試験の時にそのテーマについて
  考え始めるのでは遅いのです。
  小論文試験は事前準備こそが
  コツであり唯一の効果的な対策と言えます。

【お知らせ】
昇格試験に関する質問はいつでも受け付けています。
すべてに回答できるわけではありませんが
回答はこちらのQ&Aに追加更新していきますので
こちらのフォームから気軽に質問してみてください。

お名前 (苗字・ニックネーム可)

題名



Pagetop