昇格試験と向き合う


  • 合格へ導く質問

7、未来変化への準備の必要性とは?

今後、まったく業務環境が変わらない

ということはあり得ません。

何もしなくても、

取り扱い製品やサービスは

古さを感じるようになりますし

業務で使用しているツールも

劣化していきます。

またテクノロジーは常に進化し

仕事を取り巻く環境も変化していきます。

人員の入れ替わりも当然のようにあります。

つまり、

未来変化は

当たり前にやってくるもの

としての準備は必要なのです。

もし準備しておかなければ

変化に対応できずに

取り残されるかもしれませんし

準備していれば得られた利益を

損なうかもしれません。 

そういった意味で

未来変化への準備は必要なのです。 

とはいえ、

未来を完璧に予想することは

不可能ですので

過去から現在の流れなどから

未来を予測し

仮説を立てて

優先順位の高いものから

準備していくことになります。 

自分が取り扱っている製品やサービスが

成長期にあるのか

成熟期にあるのか

それとも

衰退期にあるのかで

準備することが変わってきます。 

成長期にあるのなら

設備増強や人員強化などの準備が必要です。

成熟期にあるのなら

次世代の製品やサービスの準備や

別チャンネルで利益を確保する方法を

検討するでしょう。 

衰退期にある場合は

次世代製品やサービスなどへ軸足を

シフトさせていく取り組みを

急ぐことになります。 

これから

昇格して職場のリーダーになっていくには

目の前の仕事だけではなく

時間軸を未来に合わせた視点も

持ち合わせることも大切なことです。 

上位目線と未来思考

今のうちから鍛えておきましょう。




Pagetop