昇格試験と向き合う


  • 合格へ導く質問

6、過去の失敗と成功から学んだことは?

小論文を書く前に

過去の自分の仕事を棚卸

しておくと

エピソードを盛り込む際に

役立つのでオススメです。

小論文に自分のエピソードを盛り込むと

論理を体験で補完できて信用が増しますし

自分が

情熱を持ってやった仕事のことを書くと

文章に力強さが出て

読み手に響きやすくなります。

成功体験も大切ですが

それよりも

失敗から学び

今の仕事に活かしている

ことを書くほうが盛り上がります。

成功体験ばかり書くと

自慢ばかりに聞こえてしまうかもしれませんし

本当のことを書いているのかと

疑いたくなってしまいます。

一方で

失敗はチャレンジした証

でもあるので

アピール材料にもなります。

仕事を始めてから

今まで一度も失敗した経験がない

という人はいないと思うので

若い頃に失敗したことで

今はできるようになっていることを

整理しておきましょう。

例えば、

上司や先輩、取引先を

怒らせてしまったエピソードや

自分の知識不足や準備不足で

恥をかいたことなどは

誰しも経験があり

もう失敗しないようにと

気をつけていることは必ずあるはずです。




Pagetop