昇格試験と向き合う


  • 合格へ導く質問

59、どんな結果を出すのか?

行動の重要さを理解しても

結果が伴わない無駄な行動ばかりでは

会社が求める人材にはなれません。

昇格試験では

「自分が会社が求めている人材であることを

プレゼンして認めさせる」ことが

ゴールだということを考えると

結果を出すということにも

フォーカスしておく必要があるでしょう。

しかし、

小論文でいくら結果に言及しても

それは口約束でしかありません。

その口約束の信ぴょう性を高めるには

それまでの

小論文の質を上げていくしかないのです。

最後に「結果出す」と

口約束する小論文の筆者について

「あぁこの人なら結果を出すだろうな」

と信用してもらえるか

「最後に大風呂敷だけ広げたなぁ」

と読み流されるかは

それまでに書いた小論文の内容次第なのです。 




Pagetop