昇格試験と向き合う


  • 合格へ導く質問

45、関連部門へのアプローチの仕方は?

なお残る課題について

自部門だけで

解決しようとすると困難なことでも

関連部門に協力要請をすれば

簡単に解決することもあります。

自部門にはない強みを

関連部門が持っているからです。

関連部門とは

利害をぶつかり合わせ

関係を悪化させることもできますが

お互いに助け合い

弱点を補い合うこともできることは

誰もが知っています。

ただし

実践するとなると難しいのが

この関連部門との付き合い方です。

結局、

日頃から良好な関係性

築いていくための仕組みや

お互いを思いやれるマインドの育成

いざという時に効いてくるものです。

しかし、

本来は率先して部門同士を

良好な関係に導いていかなければならない

上司同士がいがみ合い

部下を困らせているという構図も

よく耳にします。

そのような場合でも

上司のせいにしてしまうのは簡単ですが

担当者レベルだけでも良好な関係を築くことは

十分に可能ですので

まずは自分ができることを実践していき

職場同士の関係性が良好になっていく風土を

地道に作っていきましょう。 




Pagetop