昇格試験と向き合う


  • 能力診断試験

仕事内で試験能力を上げる方法を見つける

能力判定試験は仕事への姿勢が問われているということは、仕事へ取り組み方を工夫すれば能力判定試験のスキルを上げられるということになります。

では、具体的にはどのうような工夫をすればスキル向上できるのでしょうか。

能力判定試験では「時間と正確性と数」がテーマですので、この3点を意識して自分の仕事を振り返ってみてください。業種によって業務内容は異なると思いますが「時間と正確性と数」を求められない仕事はないと思います。

逆を考えてみると、この3点を求められない仕事はないということがはっきりとわかるのではないでしょうか。

<能力判定試験で求めらる3点の「逆」を考えてみる>

▪️時間 :いくら時間をかけてもいい。納期設定なし。

▪️正確性:どんな品質のものやサービスでも構わない。

▪️数  :多くても少なくてもゼロでもいい。

こんな仕事はありませんよね。もしかしたら、実際はあるのかもしれませんが、少なくとも会社員としての業務では無いでしょう。

では、自分の仕事で「時間と正確性と数」のスキルを上げるための例をいくつか挙げてみたいと思います。

これらを見ていただくとお気づきになると思いますが、どんな業務もこの3つの要素の2つ以上を満たさないとならないということです。

<自分の仕事で「時間と正確性と数」のスキルを上げるための具体例>

・書類作成の業務:正確性を維持したまま、5%時間短縮にチャレンジする。

・メール確認:朝のメール確認を10分以内と決め業務をふり分ける。

・メール返信:フレーム文章を決め、作成にかかる時間を短縮する。

・業務処理件数:1日の目標件数を設定し(1日・午前中・午後)、月ごとに増やす。

・品質向上:これまでと同じ時間で業務のクオリティを上げる。

・書類確認:初めから順番に読まずに要点から先に確認して時間短縮。

・タスク管理:スキマ時間にやることを決めておき、時間を有効活用する。

・チームリーダー:率先してリーダー役を担い、自分のキャパ以上の仕事で結果を出す。

・マルチ化:複数のプロジェクトに参加し、複数の業務を並行して処理する。

・残業ゼロ:終業時刻の合図とともに帰宅する。必ず終業時間内に業務完了させる。

この中にはいくつかすぐにできることもあると思いますので、ぜひ実践してみてください。能力判定試験のスキルはコツコツしか身につかないことをもう一度思い出してもらえるといいかもしれません。




Pagetop