昇格試験と向き合う


  • 勉強計画

勉強を始める前にやること

ここでは「勉強を始める前にやること」についてお伝えしたいと思います。

 

まず、私がおすすめしていることは「お気に入りの勉強道具を準備する」ことです。

この「お気に入り」というのが重要なポイントなのです。

 

自分が「どうしても学びたい」と「欲している」ことについて勉強することは本当に楽しいものですが、逆に少しでも乗り気になれないことについて勉強することは決して楽しいものではありません。

 

だから、少しでも気持ち良く勉強するために「お気に入り」の道具を用意するのです。

別に高価な道具でなくても構いません。自分が好きだなと思える物を準備しましょう。

 

ペンの場合であれば、書きやすさを重視してもいいですし、形や色にこだわっても楽しいかもしれません。他の道具を同じメーカーやキャラクターでそろえたり、カラフルな色を選んでも面白いと思います。

 

できれば、すべて新しく買い揃えてみましょう。

もちろん、これまで使っていたものでも勉強はできるのですが、少しでも合格する可能性を上げるためにも新調することをおすすめしています。

 

例えば、こういうことがあるかもしれません。

いくら昇格試験に合格する目的が明確になっていても、決して昇格試験の勉強自体をどうしてもやりたくなるわけではありません。

 

初めはやる気まんまんで勉強できていたのに、しばらくすると少しづつやる気が落ちてしまうようなことは誰でも経験があるのではないでしょうか。

 

このように、あまり勉強する気分になれない時があったとしても、お気に入りの筆箱が目の前にあって、その中には、購入時にいろいろと書き比べして「ようやく選んだ書き心地の良いペンがある」というだけで、ペンを出して握ってみようかという気になるかもしれません。

このような、少しの気持ちの変化が、合格の可能性を少しでも上げることになると思いませんか。

 

つまり、お気に入りの勉強道具をそろえるということは、少しでも合格する可能性を上げるための「自分に対する先行投資」なのです。

合格すれば、投資した分くらいはすぐに回収できるでしょう。

 

勉強道具は、これから数ヶ月間ともに過ごす仲間であり相棒でもあります。

しかも勉強だけでなく、試験本番でも一緒に臨むことになるのですから、ちゃんと「お気に入りの道具」を準備しましょう。




Pagetop